衛星データを活用 JAXA発ベンチャーが挑む次世代の稲作

農業者は日ごと、年ごとに変わる気象状況に対し、経験の蓄積をもって対応してきた。その判断を、観測衛星が収集する「宇宙ビッグデータ」で支える事業が動き出した。JAXAの衛星開発エンジニアであり、スマート農業のアイデアで天地人を立ち上げた百束泰俊氏に聞く。

百束 泰俊(天地人 COO・創業者)

JAXAエンジニアとして起業

天地人のCOO(最高執行責任者)である百束氏は、現役のJAXAエンジニアだ。長く気象衛星の開発に携わる中で「この衛星をビジネスで役立てられないだろうか」と考えるようになり、内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテスト(S-Booster2018)に「宇宙から見つけるポテンシャル名産地」と題した営農支援の構想で応募。受賞をきっかけに、農業IoT分野に知見のある現CEOの櫻庭康人氏らと天地人を創業した。

天地人は2018年に宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2018」で審査員特別賞、ANAホールディングス賞、JAL賞をトリプル受賞した

「今でこそ社会課題解決の意識が強くありますが、創業当時は『自分が5~6年を費やしてつくった衛星のその後にかかわりたい』という個人的な気持ちもありましたね」と笑う。

百束氏は宇宙ビジネス拡大を目的としたJAXA職員の創業支援制度を活用しており、現在でもJAXA職員とCOOを兼任している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。