マイナンバーカード普及をチャンスに 日本のデジタルIDを先駆ける

マイナンバー制度およびマイナンバーカードは、安全・安心かつ利便性の高いデジタル社会を実現する重要な基盤だ。特にマイナンバーカードは民間の利活用が期待される。その先駆者が、マイナンバーカードを活用したデジタルIDアプリを提供するxIDだ。(取材:GovTech Conference)

日下 光 xID 代表取締役CEO

マイナンバーカードを活用した
唯一のデジタルIDアプリ

政府は2022年度末までにマイナンバーカードの全国民の普及を目指し、カードと健康保険証や運転免許証の一体化などの機能強化を進めていく方針だが、国民のカードへの認知や有効性への理解は広がっているとは言い難い。カードの普及率を高めるためには、国民が利便性を実感できるサービスの存在が不可欠だが、カードを活用した民間サービス事例はまだ少ない。

こうした状況下で、xIDは日本で現在唯一のマイナンバーカードに特化したデジタルIDアプリを提供し、多くの自治体と共創を進めている。

マイナンバーカードを活用したデジタルIDアプリ「xID」

代表取締役CEOの日下光氏は、デジタルガバメント先進国のエストニアの政府機関アドバイザーを務め、スマートシティを推進する石川県加賀市や静岡県浜松市ではフェローとして活躍している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。