2024年、パリ五輪の追加種目に 若者文化と「ブレイキン」の可能性

世界の若者に絶大な人気を誇るブレイキン。DJの音楽に合わせ即興で、対戦相手と交互に踊って競う。2024年パリ五輪に採用されストリートスポーツとしての認識も高まってきた。地域の中で、子どもたちや若者が自分の個性に向き合う競技としても注目されている。

世界選手権(ベルギー)にてバトル相手にフリーズを決めるAmi選手
(写真提供:公益社団法人日本ダンススポーツ連盟)

個性を競い合う多様性が魅力

ブレイキンは、日本では「ブレイクダンス」という名で知られてきた。DJがかける音楽に合わせ、即興で踊って技術力やかっこよさを競う。ストリートスポーツとしての認知度も年々向上しており、2024年に開催されるパリ五輪で正式に追加種目となった。日本の若者にも絶大な人気で、すでに世界レベルの選手も複数存在している。

「発祥は1970年代のニューヨーク。ギャング同士の暴力事件が多発する中、有名なDJが、命を落とす若者をもう見たくない、自分達の好きなもので競って優劣を決めなさいと呼びかけたことがきっかけで生まれました」と解説するのが、日本オリンピック委員会のハイパフォーマンスディレクターとしてブレイキン選手の育成に努める渡邊マーロック氏だ。

ブレイキンがスポーツとして認知されるようになったきっかけは、2018年10月にブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックで追加種目として採用されたことだ。日本選手は1対1の対戦で日本代表の女子、河合来夢氏(当時17歳)が金メダル、半井重幸氏(当時16歳)が銅メダルを獲得。さらに、1位になった男子選手と最下位の女子選手、1位になった女子選手と最下位の男子選手というペアでの対戦でも、河合選手がベトナム人男子選手と組み金メダルを獲得した。

「一度も組んだことがない、国も違う選手がペアを組みメダルを目指す、そんなおもしろいフォーマットが採用され盛り上がったことも、パリ五輪の種目に追加されることを後押ししました」。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。