春華堂 多くのプレイヤーと組み、地域にイノベーションを起こす

浜松銘菓の「うなぎパイ」で知られる、1887年創業の老舗の菓子メーカー、春華堂。同社は近年、事業ポートフォリオの改革と、商業施設事業という新たな取り組みに力を注いでいる。4代目として同社を牽引する代表の山崎貴裕氏に、新事業開発への取り組みと今後の事業構想を聞いた。

山崎 貴裕(有限会社春華堂/株式会社うなぎパイ本舗 代表取締役社長)

3本柱構想で事業を改革しつつ
新たに商業施設事業に挑戦

「夜のお菓子」というキャッチコピーで、全国的に広く知られる浜松銘菓の「うなぎパイ」。製造販売する春華堂は、創業1887(明治20)年、「甘納豆」の製造から始まった老舗の菓子メーカーだ。4代目で現社長の山崎貴裕氏は、2001年に家業を継ぐべく26歳で同社に入社した。

浜松銘菓「うなぎパイ」

「入社当時、春華堂はうなぎパイの売上に依存し、他事業は赤字の状態でした。しかし、うなぎパイ1本ではこの先リスクが高いので、そこから徐々に脱却しようと、今は『3本柱構想』へ取り組んでいます。3本柱とは、うなぎパイ、和菓子、洋菓子の3つです。これによって事業を再構築し、強固な会社をつくろうとしています。また、それとは別に、もっと多くの方に浜松を知っていただき、県外からのお客様の旅の目的地となることを目指して、近年は商業施設事業にも力を入れています」と山崎氏は語る。

同社が最初につくった商業施設は、2005年開業の、うなぎパイの製造工程が見学できる工場「うなぎパイファクトリー」(浜松市)だ。

「建設のきっかけは工場の移設でしたが、地元に活力を注ぎたいという思いと、春華堂が創業時から大切にしてきた『お菓子を通じて人々を喜ばせたい、笑顔にしたい』という信念のもと、『職人とのふれあい』をコンセプトに建設しました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。