苅部農園 地産地消を目指す都市農業を実践

横浜市の苅部農園は直売所「FRESCO(フレスコ)」で収穫した野菜や果物を当日中に販売し、地産地消を目指す都市農業を実践。さらにオリジナル品種の開発や「百姓塾」「農業塾」を通じ、大産地に負けないブランドづくりや、減少が続く就農者の育成にも取り組んでいる。

苅部 博之(苅部農園 代表)

江戸時代から続く農家の
13代目が直面した産地の壁

横浜市中央部の保土ケ谷区にある苅部農園は江戸時代から続く農家で、約3haの農地で多品種少量栽培をしている。年間の栽培品目は野菜が約100種類、果樹が約10種類に上る。苅部農園13代目である代表の苅部博之氏は「私自身は次男でしたか、小学校の頃から家業を継いで農業をやりたいという夢がありました」と振り返る。このため、大学は農学部に進学し、卒業後は住宅メーカー勤務を経て1996年に家業を継いだ。

横浜市保土ヶ谷区にある苅部農園

「苅部農園は元々キャベツをメインに、ネギやジャガイモなどを市場に出荷する農家でした。18年前に亡くなった父は市場で値付けの基準となる『値頭(ねがしら)』を務めるほど優秀な生産者で、父の野菜は鮮度も品質も良く、市場で信頼されていました。しかし、市場では大産地のブランド野菜と比べて、かなり安い価格でしか売れませんでした」

例えば、夏から秋のキャベツでは群馬県嬬恋村が全国一の出荷量を誇る大産地だ。このため、横浜産のキャベツは嬬恋村での出荷が終わる頃に出荷できるよう、時期をずらして栽培される。これによって時期が終わりに近づいた大産地のキャベツよりも鮮度が高く品質も良いものを出荷できるが、市場での価格は大産地のキャベツの半値にしかならなかった。

「横浜産の野菜には大産地のようなブランド力がないだけでなく、生産量が少なく安定供給しにくいというデメリットもあります。横浜という地名は全国的に有名でも農業や野菜では知名度が低いので負けてしまうのです。ですから、横浜でトップ農家になっても大産地と同じことをやっていては勝てないと思い、何か違うやり方ができないかと考えました」

消費者が多い都市部ならではの
強みを活かして直売所オープン

「地方にはなく、横浜のような都市部にあるものは何か」と考えた苅部氏は、人口が多く、たくさんの消費者がいるという都市部の特性に着目し、生産した野菜や果物を、市場を通さず自分で販売しようと考え、1999年に自家直売所「フレスコ」をオープンさせる。併せて、大産地に負けないオリジナルのブランド作りにも取り組みたいと考えた。

直売所フレスコ

「市場への出荷では消費者との間に距離があり、消費者の「おいしい」という声が自分のところまで届くことはありませんでした。市場で褒めてもらえるのは規格に合っているとか、品質が悪いB品ではないということだけなんです。だからこそ、うちでは野菜の味を追求したいと思いました」

苅部農園のブランドディングのために、苅部氏がこだわったのは5つ。第1に鮮度がよいこと。収穫したものは基本的に当日中に販売することとした。第2に品種。それぞれの品種には「味が良い」「病気に強い」「収量が取れる」「見た目が良い」などの特性があり、市場取引では見た目や収量が重視されるが、苅部農園では形がよりも味を重視して品種を選ぶほか、自分で種取りを行う昔ながらの在来固定種も育てている。第3に土作りで、オリジナルの堆肥に肥料を混ぜて野菜が美味しく育つように工夫する。堆肥には地元・横浜産の稲わらや米ぬか、グリーンコンポスト、鶏糞、牛糞を積極的に用いるのもこだわりだ。第4は品揃えで、直売所では視覚効果も考慮し、彩りが良くワクワクするようなラインナップを心掛けている。第5は情報発信で、SNSのほかに畑の見学ツアーを年に数回行っている。

「食品の安心や安全性は一番気を付けなければいけない部分だと思います。消費者の方々に畑を見ていただき、生産者がその安全性を直接説明すれば伝わりやすいはず。見学ツアーでは一度に20人から40人にご参加いただき、1時間半程度かけて堆肥小屋や数カ所の畑を案内しています」

鮮やかな色合いの苅部大根など
オリジナルのブランド野菜を開発

直売所を始めた当時は苅部氏の父親も畑に出ており、市場への出荷を続けることを条件に直売を許可してくれた。フレスコ開店から5年が経過して売上げが伸び始めたころに父親が他界し、直売と市場への出荷の両立が困難になったことから、市場への出荷を徐々に減らして、直売に一本化して事業を軌道に乗せた。現在は当初の売上の10倍近くを売り上げるまでになっている。

「フレスコの客層は若者から年配の方々まで幅広く、常時20~30品目程並んでいる旬の野菜が人気です。また、苅部大根などオリジナル野菜も好評です。和食や中華、フレンチ、イタリアンなど飲食店で使う食材を求めて来られるお客様も多く、どのような野菜が欲しいかを伺って作ることもあります」

これまで新しいことへのチャレンジを続けてきた苅部氏だが、その基盤にあるのは、仕事に厳しかった父親から学んだ知識や技術だ。

「例えば、農作業で土寄せや追肥をする際は鍬(くわ)を使いますが、鍬を使った手作業よりも機械の方が早いので、父に『皆、機械を使っている、自分も使いたい』と言ったことがあります。しかし、父には『そんなことは年を取ってからでもできるから、若いうちは丁寧な仕事をしなさい』と教えられました。先祖代々続く堆肥づくりも父に教わり、手間はかかりますが、今も守り続けています」

一方、大産地に負けないブランドづくりとして、オリジナル野菜の開発に取り組んできた。最初に開発に成功した品種は「苅部大根」。辛みが少なく、特に冬場に甘みが増すほか、葉に近い部分が赤紫でカラフルなのが特長で、受験シーズンには合格を祈願して「受かるべ大根」という名前で売り出す。

オリジナル野菜を冬の受験期には「受かるべ大根」として販売

「品種の開発は在来固定種を栽培して種を取り、それを蒔いて再び種を取ることを繰り返します。例えば、真っ赤な大根なら、次も真っ赤できれいな形の大根から種を取るのが普通ですが、私は敢えてピンク色になったものや、少し形が違う突然変異のものから種を取ります。そうやって目指す性質に近い個体を選りすぐることで、オリジナルの特色を固定させるのです」

種が取れるのは年に1回で、開発には時間がかかるが、約10年かけて世界に1つしかないオリジナルの大根が作れるようになった。オリジナルのブランド野菜は現在、苅部大根のほか、苅部ネギ、苅部人参もある。苅部ネギは60年以上の歴史がある地元の伝統野菜「西谷ネギ」と他県の在来種を掛け合わせ、8年近くかけて開発した。柔らかい触感で、味も風味も良い。

苅部氏が開発したオリジナルブランド「苅部大根」(写真左)と「苅部ねぎ」

また、国内外で農業人口の減少が課題となる中、苅部氏は「百姓塾」や「農業塾」を通じた後進の育成にも取り組んでいる。百姓塾は農業に興味があり、将来的に就農を希望する人を対象に年2名を募集。農業塾は農業や野菜に興味があり、農作業の手伝いをしてみたい人が対象で、年に若干名を募集している。塾生は1年間、一緒に農作業をし、年間の作業の流れを学ぶ。いずれも週1回以上の参加で、種代や肥料代を含む年会費は1万円だ。

「学生や主婦、会社員、定年退職者など幅広い方々が参加してくださっています。新規に農地を取得して就農する場合は農業大学校などで1年間学ぶ必要がありますが、百姓塾は会社員の方も仕事を続けながら農業を学べます。これまでに5人の塾生が新規就農しました」

苅部氏はさらに「全日本鍬検定協会」(非公認)を立ち上げ、塾生には鍬検定に挑戦してもらっている。検定では鍬を使ってよりきれいに、より丁寧に作業できるかどうかを評価し、上達すると級が上がっていくという。新しいことを始めるときほど「伝統をベースに遊び心も取り入れることが大切」と笑顔を見せる。

神奈川県の農家で初めて
「日本農業賞」を受賞

2023年度の「第52回日本農業賞」で、苅部農園は「個人経営の部」で特別賞に輝いた。都市農業の価値を磨き、横浜の農業の強みを追求して「苅部ブランド」を確立したことなどが評価された。

第52回日本農業賞で特別賞を受賞

「日本の農業界で最高位の賞といわれる農業賞で、神奈川県の農家が最終審査まで残ったのは今回が初めてです。従来とは異なり、都市農業も認められる時代になってきたと思います」

将来的には苅部農園の野菜をプロのシェフが料理し、訪れた人たちに自然を味わってもらえるような農家レストランも作りたいという。

「私には2人の息子がおり、どちらが14代目になるのかはわかりませんが、一番の目標は息子たちが『農業をやりたい』と思える状況にすることです。私が父の背中を見てきたように、彼らが自分の背中を見て野菜を作るだけでなく、都市農業にはいろいろな可能性があることを知ってほしいと願っています」

農業者人口の減少は世界的な課題で、日本以外の国々でも都市農業が注目されている。そんな背景もあって日本農業賞受賞のあと、苅部農園には国連関係者が視察で訪れ、意見を交わした。効率化や生産性を重視する大規模農業とは違った農業の在り方を模索する苅部農園の取り組みは、世界の農業の持続可能性に1つの解をもたらすのかもしれない。

 

苅部 博之(かるべ・ひろゆき)
苅部農園 代表