数字で見る高知県 森林率日本一で、第一次産業割合が高い

年平均気温が高く、日照時間も多い温暖な気候が特徴で、森林面積が日本一の高知県。第一次産業の割合が高く、耕種が主で、畜産の比率は低い。なす、しょうが、にら、ししとう、ゆずなどの収穫量が日本一だ。全産業に占める製造業の割合は低いが、特定製品で高い世界シェアを誇る企業もある。

第一次産業が盛んで
なすやしょうがは収穫量日本一

高知県の農業産出額は1117億円で全国28位(2019年)であった。内訳は野菜が715億円(全国10位)、米が112億円(40位)、果実が104億円(21位)、畜産は81億円(41位)。なす、しょうが、にら、ししとう、花みょうが、ユズ、ブンタン(文旦)の収穫量が日本一を誇り、農産物直売所の年間販売金額が247億4000万円で全国18位となっている。

また就業者の構成比では、第1次産業が11.4%を占め、全国2位(2017年度)であった。

出典:農林水産省

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り63%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。