2020年10月号

地域で生まれる新産業

脱一極集中が広げるマーケット

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

新型コロナウイルス感染症のため、社会のあちこちで生じた生活様式の変容。人との接触を減らすため、テレワークやオンライン会議が広まった。大都市圏に比べ、様々な不利を被っていた「それ以外の地域」にとって、この変化は大きなチャンスになるかもしれない。画一化され、密集した都市を避け、環境の良い場所でゆったり暮らしつつ、テクノロジーを活用して多様で付加価値の高い事業で社会に貢献する。新しい日常の下、挑戦を続ける企業と、それを支援する地域の取組事例から、地域と都市の未来の関係を構想する。

 

数字で見る 大都市一極集中と分散 コロナでトレンドは変わるか

安宅和人氏が語る、ウィズコロナ時代の「開疎化」の本質

分散化する世界の新ビジネス ブロックチェーンで何が変わるのか

デジタル技術で「建築を民主化」 誰もが自ら「つくる」時代へ

小型モビリティの新市場を開拓 街全体を「駅前」に変える

地域企業の課題をスタートアップが解決 マッチングの新ビジネス

世界300拠点に定額住み放題 「旅して働く」時代をつくる

長野県白馬村で「リゾートテレワーク」を実践 大自然の中で働くメリットとは

約15兆円の経済効果も期待、洋上風力発電の可能性

新型コロナ渦中から見る 分担統治の道州制から生まれる新産業

逆参勤交代が拓く1000億市場、ニューツーリズムの未来

 

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中