肥後銀行 オールくまもとで「スタートアップハブ」設立

熊本県のリーディングバンクとして、90年以上にわたり圧倒的なシェアを誇ってきた肥後銀行。2015年には鹿児島銀行とともに九州フィナンシャルグループを設立し、中・南九州を基盤にして、「地域価値共創グループ」への進化を目指した取り組みを続けている。

笠原 慶久(肥後銀行 代表取締役頭取 九州フィナンシャルグループ 代表取締役社長)

経営統合から6年、統合効果に確かな手応え

肥後銀行・鹿児島銀行という地元のトップ行同士が経営統合し、2015年に九州フィナンシャルグループ(KFG)が発足してから約6年が経過した。笠原慶久氏は6年間を振り返り、「十分な効果が出ている」と確かな手応えを感じている。

肥後銀行本店(熊本市)の外観

「もともと、いずれかが経営課題を抱える救済型の経営統合ではありません。健全行同士の、いわば先行投資型の経営統合でした。相互のベタープラクティスを学び合うことで、いいシナジーが生まれています」

その結果は数字にも表れている。2020年度までに営業部門の効果として約105億円のプラス、システム統合などによるコスト削減効果が約65億円。統合に要したコスト約7億円を差し引いても、トータルで約161億円の効果があったという。

この間、新たな事業としては2017年、KFGの子会社として九州FG証券を設立。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。