2021年5月号

地域特集 福井県

「県民衛星」で宇宙産業へ挑戦 

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

1500年の歴史がある越前和紙や越前漆器、700年の歴史がある打刃物、800年の歴史がある越前焼など、古くからの伝統産業が集積する福井県。高度なものづくり技術を活かして、近年は新たな産業の柱を生み出すべく、「福井県民衛星」の開発・製造により宇宙産業にも参入している。教育水準の高さや子育てのしやすさは全国トップクラス、社長輩出率や就職率、共働き率が全国1位など、安定した社会基盤があることも特徴。これらを背景に福井のポテンシャルをさらに高め、次代を生き抜くための新事業創出につなげようと、様々な取り組みが行われている。

 

杉本達治・福井県知事インタビュー

数字で見る福井県

福井銀行グループ 地域経済のため「人づくり革命」に注力

県民衛星を打ち上げ、ものづくり力を基盤に宇宙産業へ参入

ユニフォームネクスト ボトムアップへの変革でさらなる成長を

産業工芸観光イベント・RENEW 持続可能な地域産業への挑戦

福井発のナイター陸上 市民と一体で楽しみ、陸上をもっと身近に

24時間遊漁券が買えるアプリで、日本の川を守り、地方を豊かに

デキタ 古民家などの地域資源をフル活用し、宿場町を再生

顔認証アプリで、鯖江市の眼鏡職人の仕事や想いを可視化

「100年に1度のチャンス」を活かせ 「幸福度日本1」の不変と革新

 

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中