森ビル 大企業特化の新事業創出支援で、大企業から日本を変える

森ビルが虎ノ門で運営する「ARCH」は、大企業の新規事業創出支援に特化した、世界初のインキュベーションセンターだ。開設から約3年が経過するなか、さまざまな業種の企業に新規事業を起こすカルチャーが根付いてきたという。これまでの経緯や今後の展望を、森ビルオフィス事業部の竹田氏に聞いた。

竹田 真二(森ビル株式会社 オフィス事業部営業推進部部長)

「都市を育む」会社として
企業の新事業創出をサポート

2020年4月に「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」にオープンした、大企業の新事業創出に特化したインキュベーションセンター「ARCH(アーチ)」。同施設の企画運営は森ビルが行い、米シリコンバレーが本拠地のベンチャーキャピタル、WiLも参画している。

約3800㎡の広さがある「ARCH」は、コワーキングスペースやセミナーなどを行う「マグネットルーム」、会議室、カフェ&ラウンジなどで構成

「森ビルは『都市を創り、都市を育む』をキーワードに、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズのようなまちづくりを通じて、より豊かな都市生活の実現に取り組んできました。オフィスや住宅、商業・文化施設などの場を創るとともに、新たな需要を創出する仕掛けづくりもしています」と同社オフィス事業部営業推進部部長の竹田真二氏は語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。