東京ドーム 地域と連携し、世界一のエンターテインメントシティへ

1937年に「後楽園スタジアム」という1つの野球場から始まった株式会社東京ドーム。時代の要請に合わせながら幅広いレジャー・エンターテインメント領域に事業を拡大し、都内最大級のエンターテインメントシティをつくり上げた。その事業変革と現在の成長戦略を、代表の長岡勤氏に聞いた。

長岡 勤(株式会社東京ドーム 代表取締役社長 COO)

「街」としての一体感醸成へ
ランドスケープデザインを刷新

東京・水道橋の「東京ドームシティ」が現在、大規模リニューアルの真っ最中だ。東京ドームシティは、読売巨人軍の本拠地である「東京ドーム」を筆頭に、格闘技の聖地ともいわれる「後楽園ホール」、元々は「後楽園ゆうえんち」として始まった「東京ドームシティ アトラクションズ」、スパやショッピングを中心とした融合商業施設「LaQua(ラクーア)」など、多様な施設からなる都内最大級のエンターテインメントシティだ。現在進行中のリニューアルでは、シティ全体のランドスケープデザインの刷新により、いっそう賑わいのある憩いの空間の創出を目指し、2024年夏までを目処に連続性のある開発を順次実施している。

東京ドームシティの全景

「リニューアルのコンセプトは『心が動く、心に残る。』です。来場者の非日常感の醸成や期待感の高揚、滞在快適性と回遊性向上を図ることで、『街』としての一体感を醸成し、魅力的な空間を創出するのが狙いです。東京ドームを中心に最寄りのJR・地下鉄の各駅に向け、放射線上に多数のLEDビジョンを増設します。また、長さ100メートル以上のデジタルサイネージに囲まれた芝生広場を設け、自然とデジタルが融合したユニークな空間として、訪れる人に様々な体験価値を提供します」と代表の長岡勤氏は語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。