リバーバンク 「文化の地産地消」から始まる地域づくり

鹿児島県南九州市にある「リバーバンク森の学校」は、森に囲まれた廃校を再生した複合自然体験施設だ。毎年開催する野外フェスティバルの求心力もあり、周辺地域に若い移住者も増えてきた。運営を担う一般社団法人リバーバンク代表理事の坂口修一郎氏に、活動に込める想いと今後のビジョンを聞いた。

坂口 修一郎(株式会社BAGN 代表取締役 一般社団法人リバーバンク 代表理事)

森に囲まれた廃校を拠点に
13回目を迎える野外フェス

鹿児島県南九州市川辺町にある「リバーバンク森の学校」では、2010年から毎年「グッドネイバーズ・ジャンボリー(GNJ)」と名付けた野外フェスティバルが開かれている。音楽だけでなく、クラフトやアート、スポーツまで、ジャンルを超えてさまざまなコンテンツが集まるイベントだ。

「リバーバンク森の学校」で2010年から毎年開催されている「グッドネイバーズ・ジャンボリー(GNJ)」。コンセプトは「みんなでつくる文化祭」

会場の「リバーバンク森の学校」は日頃、アウトドアイベントや各種ワークショップの拠点となるほか、企業研修に使われることもある。今年からはメンバーシップ制度「リバーバンク森の学校 友の会」を開始し、共に学び、遊び、楽しみながらつながる、ゆるやかなコミュニティづくりを構想している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。