品種改良を超高速化、食糧問題を解決 ゲノム編集の革新性

世界的な人口増加や気候変動の深刻化で、フードテックに期待が集まっている。政府も2021年に農林水産省内にフードテック推進部署を新設し、支援を本格化している。リージョナルフィッシュは最先端のゲノム編集技術を用いて、世界の食糧問題の解決を目指す。

梅川 忠典(リージョナルフィッシュ代表取締役社長)

品種改良期間が10分の1に
驚異のゲノム編集技術

2021年9月に発売されたマダイ「22世紀鯛」は、従来の鯛に比べて可食部が1.2倍に増えたにも関わらず、飼料量を2割削減した“スーパーフード”だ。実はこのマダイはゲノム編集技術を利用して開発されたもの。厚生労働省および農林水産省へのゲノム編集食品に係る届出・情報提供手続きを完了しており、国の手続を経て上市するゲノム編集動物食品は世界で初めてだ。

従来の鯛に比べて可食部が1.2倍、飼料量を2割削減した「22世紀鯛」

「天然モノと養殖モノ、どちらが美味しいかと聞かれた場合、タイならば天然と答える人が多いですが、イチゴならば『あまおう』のような養殖(栽培)のほうが好まれます。この差は、品種改良が進んでいるかどうかにあります」と話すのは、本商品を開発したリージョナルフィッシュ代表取締役社長の梅川忠典氏。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。