アドリブワークス 目指すは自由な働き方ができる社会

愛媛県今治市と兵庫県神戸市に拠点を置くアドリブワークスは、起業家マッチングサイト「triven®(トリブン)」や官民連携スタートアップスタジオ「NOROSI(ノロシ)」を運営。誰もが自分のアイデアを活かして自由な働き方ができる未来を目指し、事業を展開している。

山岡 健人(アドリブワークス 代表取締役 CEO)

IT業界でキャリアを積み
故郷の愛媛で起業

「アイデアの種を全国に植え続ける耕作者(Cultivator)企業」を目指すアドリブワークスは、2018年に創業した。誰もが気軽にビジネスアイデアを投稿し、仲間を集めて育てるコミュニティ「triven®」や、全国の自治体・企業による官民連携スタートアップスタジオ「NOROSI」を運営するほか、新事業開発支援や共創プロダクトの製造・販売なども行う。

代表取締役CEOの山岡健人氏は今治市出身で、早稲田大学を卒業後に東京で就職。主にIT系の仕事でキャリアを積んだ後、アドリブワークスを設立した。山岡氏は学生時代の就職活動の時期、「東京で就職したいという思いと地元を大事にして戻りたいという思いの間で揺さぶられ、悩みました」と振り返る。

「結果的に東京での就職を選択し、30歳頃までに場所的、精神的、時間的に自由な働き方ができるようなキャリアを積むことを目標にしました。そのためにはIT系の仕事が良いと考え、異業種で様々な仕事を身に着けようと4社を経験しました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。