世界最大のVRイベント主催者に聞く メタバースの事業チャンス

VR空間上で3Dアバターを操作し他ユーザーと交流できるプラットフォームが人気を集めており、企業がマーケティングやイベント等に活用する事例も増えている。VR空間は社会とビジネスをどう変えるのか、世界最大のVRイベントを主催する、HIKKYの舟越靖CEOに話を聞いた。

舟越 靖(HIKKY 代表取締役)

新しい経済圏を創造し、
クリエイティブの価値を再定義

2018年設立のHIKKYは“VR法人”を標榜し、大型VRイベントの企画やVRソリューション・コンテンツの開発を行っている。同社が主催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」は、多数のクリエイターや企業、100万人を超える来場者が参加し、2020年には国際的なVR表彰式「VR AWARDS」のマーケティング部門で最優秀賞を受賞。今年11月にはNTTドコモを引受先とした第三者割当増資で約65億円を調達した。

VRイベント「バーチャルマーケット」には期間中100万人以上が来場

HIKKYの船越靖CEOは大手通信会社出身の連続起業家だ。3DCGモデリングソフト等の開発ツールの発達や、VRデバイスの普及、バーチャルYouTuberの流行を受けて、バーチャル空間の可能性に着目。HIKKYを設立し、VRを使った企画・制作・プロモーションビジネスを3DCGクリエイターらと連携して手掛けるようになった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。