次世代放射光施設で新技術・新産業を生み、国際競争力強化に貢献

東北大学青葉山キャンパスで2023年度に完成予定の次世代放射光施設は、宮城の産官学連携による新技術・新産業創出の核となる存在として期待されている。日本を代表するリサーチコンプレックス形成に向けた構想を、同施設の整備・運営を行う光科学イノベーションセンター理事長の高田氏に聞いた。

高田 昌樹(光科学イノベーションセンター 理事長 東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター 教授)

原子や分子まで見える
“光”を産官学で利活用

仙台駅から地下鉄で9分の東北大学青葉山新キャンパス内に、「次世代放射光施設」の建設が進んでいる。コロナ禍で中断があったものの進捗に大きな影響はなく、このまま順調に進めば2023年度内に最初の“光”が放射される見込みだ。

東北大学で建設中の次世代放射光施設(2021年11月現在)
画像提供:一般財団法人光科学イノベーションセンター

放射光とは、光速近くまで加速された電子を磁場によって曲げる際に、放出される光のこと。太陽光の約10億倍の明るさがあるため、その波長の長さと同じナノ(10億分の1メートル)単位の世界を見ることが可能となる。

「現在、欧米や南米、アジアなど世界に50カ所、日本に9カ所の放射光施設があります。1997年から運用を開始した兵庫県の播磨科学公園都市にある『SPring-8(スプリングエイト)』が現世代の最高性能を誇っていますが、それでも600~700nmを見るのが限界。20年以上の歳月をかけて性能を磨き上げた次世代放射光施設が完成すれば、さまざまな物質の成分や構造を、より詳細かつスピーディーに解析できるようになるでしょう」と語るのは、光科学イノベーションセンター理事長の高田昌樹氏だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。