2020年11月号

地域特集 奈良県

独自の理念で栄える「都」へ

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

穏やかな気候と農耕に適した環境があり、古代より交易で栄えた奈良県。今も、世界遺産「古都奈良の文化財」を中心にした歴史観光は奈良の目玉の一つ。さらに、大和野菜をはじめとする地域の多様な食材を活用した美食や、歴史ある建物をリノベーションした新世代のホテルも開業している。かつて、大陸から伝来した先端文化は奈良でローカライズされ、定着・発展した。その伝統を継承して、志や夢が生まれるような環境を作り、そこからデザインしてプログラムを組み、実現につなげることで、新産業の源になるイノベーションや、将来を牽引するリーダーを育てている。

 

エビデンスに基づく独自の新構想

数字で見る奈良県 1300年の歴史持つ古都を支える観光と製造業

パナソニック発ベンチャー 「着るロボット」で2030年の未来を描く

全国に広がる服作りネットワーク 日本の縫製業を次代につなぐ

奈良最古の醤油蔵元を再興へ 築130年の蔵を高級ホテルに

筆づくりを300年 伝統の技術で新機軸の商品開発

地元・奈良で見過ごされてきた価値 薬草ハーブを商品化

救急医療の状況を「見える化」

コロナ後の経済浮揚の鍵はインバウンド 県南部への周遊促進を

 

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中