食の製造業スタートアップMiL 協業で事業会社の資源を生かす

離乳食とメディアを通して食育事業を展開するMiLは、日本の出生数の10%以上に相当する会員数を持つ。事業会社のCVCから出資を受けるとともに協業・連携を実現し、事業リソースを補いながら、シード期を乗り切ってきた。同社の経験から、CVCから出資を受け、協業するメリットと注意点を聞いた。

「the kindest」は日本初の離乳食のサブスクリプションサービスとしてスタート

データドリブンマーケティングが
強みの食のスタートアップ

「産前産後の“食”のウェルネスから社会全体のWell-beingを叶える会社に」をミッションに掲げ、2018年4月、赤ちゃんからの食育をサポートする「the kindest」というフードブランドを立ち上げたMiL。事業の柱は、ベビー・キッズフードの製造・販売と子育て家族向け食育メディアの2つだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。