数字で見る宮崎県 農畜産物の輸出額が近年大幅に増加

宮崎県は農業が盛んで、肉用牛や豚、ブロイラーなどの畜産物およびピーマンやきゅうり、日向夏、マンゴーなどの主要生産県だ。「宮崎牛」や「太陽のタマゴ」などの多くの地域ブランドもある。農畜産物輸出額は近年増え、2020年は62.8億円に達した。製造品出荷額等の1位は食料品製造業。

農畜産物の輸出額の推移

宮崎県の農畜産物の輸出額は近年、大幅に増加しており、2020年には農産物と畜産物の輸出額の合計が62.8億円を記録した。現在の輸出の主力品目は牛肉、鶏卵、かんしょなどで、新たな品目としてきんかんなどの販路開拓が進められている。輸出先としては、香港が1位となっており、2位は台湾、3位はアメリカ(2020年)であった。

出典:宮崎県

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。