アイナックシステム 収穫ロボットでいちご農家の働き方を変える

福岡県の特産品である「あまおう」は国内外で人気のブランドいちごで、価格・需要ともに上昇し続けている。だが、高齢化が進む生産地では作付面積が減少。アイナックシステムは農家の人手不足や重労働の負担軽減のため、いちご自動収穫ロボット「ロボつみ®」を独自開発。2023年3月に受注を開始予定だ。

稲員 重典(株式会社アイナックシステム 代表取締役)
試験農場でいちごの手入れをする稲員氏

いちごの生産現場の
「負の連鎖」を断ち切りたい

福岡県筑後地方の矢部川と筑後川の流域には、肥沃な土壌に恵まれた田園地帯が広がる。また、重化学工業が盛んな大牟田市や、大川家具の生産で知られる大川市、水の都と呼ばれる観光地の柳川市などを有する。

アイナックシステムは、筑後地方最大の都市である久留米市に本社を置く、FA(ファクトリーオートメーション)制御技術を提供するベンチャーだ。代表取締役の稲員重典氏は、工業高校卒業時から起業を目指し、転職を繰り返しながら工場の保守管理や半導体製造装置の開発、営業職など、起業に必要な技術やノウハウを身につけてきた。

「創業したのは2008年5月です。自身が得意とする半導体製造装置の制御システム開発業務から始め、業界・業種を問わないコンピュータ制御技術で生産工程の自動化を図るFAシステムへと事業を拡大し、売上を順調に伸ばしてきました。2011年には農業の自動化システムの開発も始め、ビニールハウス用の潅水制御盤や大規模農場用の潅水システムなどを提供してきました」と稲員氏は語る。

現在同社が開発に注力しているのが、いちご自動収穫ロボット「ロボつみ®」だ。2022年3月に「ロボつみ®」の試作機を第5回関西農業Weekに出展し、初めて実演デモを行ったところ、想像以上に大きな反響を得たという。

左/「ロボつみ®」の外観イメージ 右上/国内外で人気が高い福岡県のブランドいちご「あまおう」 写真提供:福岡県観光連盟 右下/試験農場で稼働中の「ロボつみ®」

福岡県は、いちごの生産量が栃木県に次ぐ全国2位。国内外で高い人気を誇るブランドいちご「あまおう」は、筑後地方で最も多く生産されている。実は稲員氏の実家は農家で、いちごを主に生産していた。子どものころからビニールハウスの開閉やいちごのパック詰めなどの手伝いをしており、また生産にあたる家族の姿から、生産現場の過酷さは身に染みていたという。

「今、いちごの生産現場では負の連鎖が起きています。収穫期になると、いちご農家は収穫で手一杯になって、次から次に出てくる芽や葉の手入れが行き届かなくなります。その結果、形の良い大粒のいちごの収穫量が減少してしまうのです。また、収穫は短時間で行う必要がありますが、就農者の高齢化や人手不足により、寝る間を惜しんで収穫しなければならないのが現状です」

この結果、「あまおう」の販売価格は上昇し、需要は増加しているのに、作付面積は減少傾向にある。こうした負の連鎖を断ち切り、「生産者がゆとりをもった生活を送りながら収益をあげられるようにしたい」という想いで開発したのが、「ロボつみ®」だ。

ロボット収穫の課題を独自開発の
果実収穫ハンドでクリア

いちごの自動収穫ロボットの開発は他社も取り組んでいるが、実用化まで至っていないのが現状だ。

「実用化への障壁の1つが、価格です。一般的な収穫ロボットの開発は、市販のロボットを改造して行われます。そうすると価格は1000万円を下らないため、農家はなかなか導入に踏み切れません。そこで当社では、まず農家が導入できるレベルの価格帯を設定し、その予算の中で1からロボットの設計を始めました」

2つ目の障壁が、いちごの収穫の難易度の高さだ。いちごは実が柔らかく傷つきやすいため、茎を短くカットしないと綺麗にパック詰めができない。茎が長いままだと、パックの中で茎が他の実に当たり、傷つけてしまうがあるからだ。

従来は、ロボットでいちごの茎を短くカットすることは難しかったが、この課題解決のため、同社は独自設計した果実収穫ハンドを開発。特殊な2段階切断構造になっており、いちごに触れることなく茎をヘタの真上でカットできる。

「『ロボつみ®』は高価な設備投資を必要としない自走式で、ちょっとした段差も問題なく走れます。AIが実の色から最適な収穫時期のいちごを判別して収穫し、大中小のサイズごとに収納トレーに納めます。朝や夜中の作業は『ロボつみ®』に任せて、朝起きた時には収穫終わっているなんて最高でしょう? そうなれば気持ちに余裕が生まれて、作付面積を増やすことも考えられるでしょう。また、収益も上がり、従業員の安定雇用にもつながります」

これこそが稲員氏が目指す、農家に起きている負の連鎖を「プラスの連鎖」に変えることなのだ。

農家の要望に応えながら
ロボットを進化させ続ける

「ロボつみ®」は2023年3月に受注を開始予定だが、「これで100%完成したわけではない」と話す稲員氏。同ロボットは2018年の基礎研究開始から現在まで、試験を繰り返しながら、少しずつ試作機をバージョンアップさせてきたからだ。

「PR活動も3年前から始めており、農業系の雑誌に広告を出して『いちご自動収穫ロボットを3年後に発売します』と宣言してきました。農家の方々には機会があるたびに話をしましたが、当初は『そんなの無理だよ』と鼻で笑われることが多かったです。しかし、無理だと思われているからこそビジネスチャンスがあるのだと考えて、いっそう開発に注力しました」

そのうち、試作機をつくるたびに農家から様々な要望や意見が届くようになり、「期待されているのだな」と感じるようになったという。

「これからも『ロボつみ®』を、農家の皆さんの要望に応えながら進化させていきたいです」

「ロボつみ®」の開発で得た技術は同社のFAシステム開発にも活かされており、高機能・低コストの生産設備の提供につながっている。もちろん、農業システム開発においても、同ロボットの技術を他の作物の収穫ロボットに活かせる可能性は十分にある。

「皆さんの要望のレベルがどんどん上がるのを聞いていると、それに負けないように、どう実現するかという発展的な思想になります。そういう話を皆さんとするのが楽しいのです」と笑顔で話す稲員氏。今後も同社は様々な課題をクリアしながら、いちご収穫ロボットのその先へとさらに挑んでいくだろう。

 

稲員 重典(いなかず・しげのり)
株式会社アイナックシステム 代表取締役