収量予測や保険商品も? 農業×衛星データが生む新ビジネス

農業は衛星データの利活用が大きく期待される産業のひとつだ。農業資材メーカーの誠和は、大学やJAXAベンチャーと連携して衛星データ利活用の実証試験を推進。成果を元に、同社は収量予測サービスの高度化や、保険サービス等の新規事業開発に取り組む方針だ。

渡辺 公博(誠和 研究開発部 部長)

誠和は2020年7月から、明治大学およびJAXAベンチャーの天地人と連携し、農業分野での衛星データ活用に向けた実証試験をスタートした。

1971年設立の誠和は、施設園芸用の環境制御機器や養液栽培システムを手掛ける農業資材メーカーであり、中でもハウス用自動カーテンでは業界トップシェアを誇る。また、大規模施設園芸プラントの開発・製造・販売を手がけ、自社でも2カ所で合計3ヘクタールのトマト栽培プラントを運営している点もユニークだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。