「舟屋の町」でホテル開業 ある一級建築士が語る移住起業のコツ

丹後半島の北東部、京都府伊根町で、食や観光にまつわる地域ビジネスを展開するSmallStandardの當間一弘代表。東京の有名企業で活躍した一級建築士が、なぜ小さな町へ移住したのか。その過程や移住起業の成功のポイントを聞いた。

京都府伊根町は人口2,200人弱。伊根浦周囲には約230軒の舟屋が建ち並ぶ

デザインや建築に携わるクリエイターが地域に移住し、起業をしたり、地域ビジネスに関わるというケースが増えている。

一級建築士でSmallStandard代表の當間一弘氏もそのひとりだ。映画のロケ地や海の京都で有名な「伊根の舟屋」が広がる京都府伊根町・伊根浦地区に2017年9月に家族とともに移住し、起業。今夏には小さなCAFE&HOTELを開業する。

當間 一弘(SmallStandard代表、一級建築士)

地域ビジネスの醍醐味

當間氏は2004年、WIRED CAFEなどの運営で知られるカフェ・カンパニーに入社。「伊右衛門サロン京都」の設計や「WIRED HOTEL」の事業立ち上げなど、事業企画から空間デザインまで多岐にわたり活躍していた。

そんな當間氏が、なぜ、東京のキャリアを離れて人口2,200人足らずの伊根町に移住を決意したのか。

転機になったのが、東日本大震災の翌年に手掛けた復興仮設商店街「南三陸さんさん商店街」プロジェクトだという。「地域住民との本音の議論を経て、集客のはかれる商店街を完成でき、地域で働く醍醐味を感じました」と振り返る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。