2017年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域×デザイン まちを編みなおすプロジェクト

宮崎県綾町「AYA100」 デザインの力で地域農業振興へ

宮崎県綾町

1
​ ​ ​

宮崎県綾町で行政、民間、NPO、町民が連携したデザインプロジェクト「aya100」。広報物作成から食育イベント、有名シェフと協働したメニュー開発、就農人材育成などデザインの視点を活かして、多面的な角度からの地域農業振興をおこなっている。
文・鈴木紗栄 日本デザイン振興会

 

宮崎県綾町は、宮崎市の中心市街地からもほどなく車で約40分。美しい里山が広がり、これぞ日本の田舎とも言える風景に安心と郷愁を覚える。この風景が当たり前のように昔からそこにあるもの、ややもすると近代社会から取り残された前時代的なものとして思われがちであるが、綾町においては先人たちの知恵と努力の結果、継続していまなおこの風景が守られているのである。そしてここはいま、デザインを活用した農業ビジネスのリーディング・エッジだ。

綾町の「本物の自然」を引き継ぐ

綾町では1988年、全国初の「自然生態系農業の推進に関する条例」を制定。オーガニックの町として知られている。 Photo by 竹内貴誉詞

総面積の80%を山林が占める綾町は、古くから林業とそれにまつわる産業により生計を成していたが、高度成長期には機械化とともに就労の場がなくなり人口も激減、「夜逃げの町」と呼ばれるまでになった。

残り77%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる