大企業と海外スタートアップが「未来のまち」を共創

大企業とスタートアップのアライアンスは、国内のみならずグローバルに広がってきた。一例が、スクラムスタジオが主催するグローバル・オープンイノベーションプログラム「SmartCityX」だ。

SmartCityXから生まれた大企業×スタートアップのアイデア

18カ国から96社が参加

スクラムベンチャーズ傘下で新規事業創出支援を手掛けるスクラムスタジオは、2020年からグローバル・オープンイノベーションプログラム「SmartCityX」を行っている。本プログラムは日本を代表する大企業が世界中のスタートアップと共に「ニューノーマル時代のスマートシティ」の共創に取り組む内容だ。2021年11月から今年7月まで第二期プログラムを実施し、このほど成果報告会を米国で開催した。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。