人口最少県から挑む地方創生

中国地方最高峰の大山や、国内最大級の海岸砂丘である鳥取砂丘、青く澄み渡る日本海などの豊かな自然に恵まれ、里山には日本の田舎の原風景を残す鳥取県。総人口は約55万人で全国最小だが、近年の移住施策や関係人口拡大策が功を奏し、その豊かな自然環境に魅了された若者の移住が増えつつある。産業では農林水産業が盛んで、二十世紀梨やすいか、らっきょうの名産地であり、日本海で育ったベニズワイガニの水揚げ量も日本一だ。近年では田舎であることを逆手に取り、最先端のドローンビジネスに参入したり、ITの力で地方創生を目指すなど、鳥取からイノベーションを起こそうというベンチャー企業も育ちつつある。

 

鳥取県知事 「副業・兼業募集」で関係人口の大幅増加を目指す

数字で見る鳥取県 県外からの移住者が増加する全国有数の農業県

鳥取県智頭町 若者と子育て世帯を支援して、移住を促す

「すなば珈琲」のピンチをチャンスに変える逆転の発想とは

マリンナノファイバー 廃棄物のカニ殻を新たな地域資源に

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り26%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。