デジタルツインが都市を変える スマートシティの実現にも貢献

現実世界の事象をデジタルで再現する「デジタルツイン」は何をもたらすのか。それは、精度の高いシミュレーションや分析、未来予測を可能にし、都市においては、スマートシティを構成する技術の1つになる。

沼倉 正吾(Symmetry Dimensions Inc. CEO)

デジタルツインとは何か

この1~2年で急速に注目度を高めているキーワードが「デジタルツイン」だ。デジタルツインとは、現実世界の事象をデジタルで再現した双子(ツイン)のことであり、現実の場所や物、事などをデジタルデータに変換して構築される。2014年10月に設立され、デジタルツインの研究開発に力を注いでいるSymmetry Dimensions Inc.(以下、シンメトリー)、沼倉正吾CEOは次のように解説する。

デジタルツインでスマートシティを実現

出典:Symmetry Dimensions Inc.資料

 

「背景として5Gが登場し、大規模なデータを容易に扱えるようになったことが大きく影響しています。もともと、デジタルツインは製造現場で始まりました。実際の製品を開発する前に、デジタル上でその製品を再現し、形状や動き、材料の特性などをシミュレーションすることに使われていました。それが5Gによって、製品単位ではなく、もっと広い空間や都市という単位でデジタルツインを実現できるようになったんです」

また、IoTのセンサーでまちの情報をリアルタイムで取得したり、ドローンで現実の地形や建物をスキャンして3次元データを生成したりなど、様々なテクノロジーの進化や低コスト化がデジタルツインを可能にしている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。