2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境会議

自然との触れ合いを通じて生命力を高める

三浦 雄一郎(登山家、プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校 校長)

0
​ ​ ​

山は自然そのもので、山登りでは太古からある自然を感じることができる。人間は自然の中で生きる動物で、自然との触れ合いを通じて生命力を高めていける。60代で患った生活習慣病を克服し、70歳、75歳、80歳と3度にわたってエベレスト登頂に成功した登山家にとって、山や自然は最高の薬となった。目標を持って発言し、行動に移していくことによって、年齢を重ねても健康を維持し、チャレンジを続けることが可能になる。

2013年に80歳にて3度目のエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎氏。
©ミウラ・ドルフィンズ

山は自然そのもの

―山登りをされる中で、感じてきた自然の魅力についてお聞かせください。

山は自然そのものだと思います。私が登ってきた山や南極、北極には、木などの植物はなく、雪と氷だけのような荒涼たる世界もありました。しかし、そのような世界でも、そこで行動し、生活することで、太古からある自然を感じられます。

日本の山の森林帯はとても良く、川の水や空気もきれいだと感じます。一方、日本には四季があり、特に冬山の気候は非常に厳しいものです。雪山登山は世界中どこでも危険を伴いますが、日本では標高に関係なく、ヒマラヤクラスの厳しい条件となることが多いです。

私は子どものころからハイキングや山登り、アウトドア生活を通じて当たり前のように自然に親しんできました。自然には親子で付き合うのが良いと考えます。

私自身、親子三代で自然と付き合い、最終的には親子三代でキリマンジャロやヒマラヤ、ヨーロッパ・アルプスに登頂しました。「家族の絆」という言葉がありますが、絆を深めるためには、共同作業が必要なキャンプやアウトドアのライフスタイルが一番です。自然の中でのキャンプ生活は、家族、親子の付き合いの密度を濃くします。これに山登りが加われば、皆で目標に向かうこともできますね。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる