2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境会議

福澤諭吉と女性の社会進出

西澤 直子(慶應義塾大学 福澤研究センター 副所長・教授)

0
​ ​ ​

社会の活性化にとって大切な女性の地位向上を後押しし、今から150年前に、社会の意識改革に向けて行動した、福澤諭吉。日本の大学教育の祖・起業家として著名な彼のもう一つの側面を探った。

家庭人としての福沢諭吉

福澤と家族(上1900 年、下1872年頃)(慶應義塾福澤研究センター所蔵)

―福澤諭吉の家族観と、女性の社会進出に果たした実践をお教えいただけますか。

66歳で没した福澤は、ちょうど33年ずつ、江戸時代と明治時代二つの時代を生きています。思想的基盤は江戸時代に形成されたので、実は幕藩体制からの変革には不安も抱いていました。それでも「門閥制度は親の仇」と考え、「家」制度を撤廃するためには、新しい家族像を根付かせねばならないと考えました。

西澤 直子(慶應義塾大学 福澤研究センター 副所長・教授)

福澤の家族論の根本は、感情による結びつきです。一人の男性と一人の女性が「愛(あい)」「敬(けい)」「恕(じょ)」によって結ばれ、それに扶養を必要とする子どもが加わる、それが彼の新しい家族像でした。ただ、福澤は次のように言います。感情を絶対視すれば、その行き着くところは「自由愛情(フリーラヴ)」である。しかし、今(明治の時代)はまだそれが許されない。なぜならば、男女の不平等からくる一夫多妻や、子どもが生まれないからと女性が一方的に離縁されることがまかり通っているからで、そのような状況で自由愛情を持ち出せば、男性たちの我儘勝手に口実を与えるだけである。そのため、福澤はまず一夫一婦・偕老同穴(かいろうどうけつ:夫婦が仲睦まじく、契りの固いこと)を実現すべきであると主張します。女性の地位向上と男女平等の実現を目指すわけです。

そして福澤は、女性の経済的自立の重要性を語ります。せめて慶應義塾の中だけでも「無頼の婦人は作りたくない」と考え、女性の授産のために、衣服仕立局を設立しました。

残り84%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる