gumi 「世界一」を目指す起業家の情報収集術

今年7月に50億円もの巨額調達を実現し、グローバル戦略を加速させているgumi。日々、数多くのメディアから情報を収集する國光社長は、「大局観」を持ち、過去から学ぶことが重要と語る。

國光宏尚(gumi代表取締役社長・CEO)

モバイルオンラインゲーム会社、gumiの急成長が続いている。積極的な投資でグローバル展開を進め、今年7月には、未上場企業としては異例の50億円もの巨額調達を実現。gumiの國光宏尚社長が掲げる目標は、「世界NO.1のソーシャルゲームプロバイダになる」こと。世界一を目指し、ビジネスの最前線を走り続ける起業家は、どのような方法で情報を集め、そして活かしているのか。

ニュースで養う「反射神経」

國光社長は、日々、膨大なニュースに接している。『NewsPicks』、『Gunosy』、『SmartNews』などのニュースアプリ、フェイスブックなどインターネットの情報をはじめ、新聞や雑誌などもチェック。あらゆるニュースに目を通すのを習慣にしている。

「すべてに目を通すと言っても、一つひとつを熟読しているわけではありません。タイトルを見て、気になったものを拾っていく感じです。雑誌を読むのに30分かからないぐらい」

数多くの情報に接することで、得られるメリットは2つあるという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。