急速に求められるビジネス領域の人権対応 機会を事業に変える

SDGsやESGの普及とともに、企業に対し児童労働や人種差別の排除などを求める動きが増えてきた。昨年10月には日本政府が「『ビジネスと人権』に関する行動計画」を策定、ビジネスにおいて人権を考慮することが必須となっている。「ビジネスと人権」に関する動向をまとめた。

近年、事業活動に付随する強制労働・児童労働、雇用に際しての性差別や人種差別などに対して厳しい目が向けられている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り93%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。