2018年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

世界各国のベンチャー企業動向

ニュージーランド 医療やAR・VR分野で世界企業が続々登場

Michelle Cole(Investment Manager, NZTE)

1
​ ​ ​

人口500万人に満たないニュージーランド。近年では経済成長率が毎年3%を超え、国際社会での存在感を増している。ITソフトウェアやヘルスケア、AR/VRなどのクリエイティブテック領域で、数多くのスタートアップを輩出している。

ニュージーランドの技術系スタートアップたちの特徴を一言で表すならば、それは“ボーン・グローバル”だ。本国は北米およびアジア市場へのアクセスに優れ、世界的な輸出拠点でもある。包括的な自由貿易ネットワークに組み込まれ、貿易と投資がしやすく、世界最速レベルのインターネット網も整備されている。企業は極めて意欲的な風土を持ち、新しい技術を積極的に取り入れながら、グローバル課題に対応したソリューションを提供している。

自然豊かな国というイメージのニュージーランドだが、経済産業面が成長も著しい(上:マウント・クック国立公園、下:オークランド)

医療分野のスタートアップ

ニュージーランドは世界トップ水準の医療環境で知られているが、医療系スタートアップも多い。3Dスキャン技術を活用した外傷測定・分析システムを手がけるARANZ Medical、アプリと連動して投薬状況や健康状態を管理できる「スマート吸入器」を開発するAdherium、革新的ながん診断システムを提供するPacifi c Edgeなど、多くのスタートアップが世界市場に進出して成長し、医療業界の革新と患者の快復に貢献している。

Volparaは乳がんの早期発見のための乳房密度解析ソフトウェアを開発

注目企業のひとつが、首都ウェリントンに本社を置くVolpara Health Technologies(ボルパラ)だ。同社は乳がんの早期発見のための乳房密度解析ソフトウェアを開発している。乳房密度が高い人はマンモグラフィ(乳房エックス線撮影)で乳がんの有無を確認しづらいという課題があるが、ボルパラのシステムはこの課題解決に繋がる。すでに世界30カ国以上で使用され、放射線科医にマンモグラフィの自動評価を提供している。これまでに、約9,800万人の女性がボルパラのソフトウェアによってスキャンされ、数千人の命が救われている。

残り69%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる