2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地域×デザイン2018

宿泊者の7割は外国人 職人に弟子入りできる宿、人気の理由とは

山川 智嗣(建築家、コラレアルチザンジャパン代表)

1
​ ​ ​

日本一の木彫りの町、富山県南砺市井波地区にオープンした職人に弟子入りできる宿「BED AND CRAFT」。空き家を活用して旅人と職人の新しい関係性を構築、まちを活性化するプロジェクトだ。

職人に弟子入りできる宿「BED AND CRAFT」。宿泊客の7割が外国人で、特にクリエイティブ職に就く人が多い Photo by Kosuke Mae

宿に泊まりながら工房に通い、職人から直接手ほどきを受けられることがBnC最大の特徴

富山県・南砺市には、約200人の木彫り職人が伝統技術を次代に継承している井波地区がある。その町に2016年9月、「BED AND CRAFT(以下BnC)」というゲストハウスがオープンした。コンセプトは、「職人に弟子入りできる宿」。宿泊客は、空き家を改修したゲストハウスに宿泊しながら、町にある職人の工房に通い、直接手ほどきを受けながらクラフトのワークショップを体験できる。

オープンから1年で1000人泊を達成。宿泊客の約7割が外国人で、その約6〜7割が欧米人の個人旅行客であり、映画監督やゲームデザイナー、インテリアデザイナーなどものづくりに携わる人たちが多いことが特徴だ。

もともと井波にあるものを上手に生かして町に賑わいを創出しているBnCだが、このゲストハウスを運営している建築家・山川智嗣さんは「最初はBnCの構想はなく、南砺市で猫と一緒に生活をするために空き家を購入しただけなのです」と笑う。

残り81%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる