「世界標準」でまちを再設計 豊岡市のデザインプロジェクト

この2月に開催した東京ミッドタウン・デザインハブの企画展「地域×デザイン2017」は、約65件のデザインプロジェクトを紹介。中でも、ひときわ注目を集めたのが豊岡市だった。中貝宗治市長やキーパーソンのトークと現地取材から、人気の要因を解き明かしたい。
文・矢島進二 日本デザイン振興会

 

兵庫県の北東部に位置する豊岡市は「小さな世界都市」の実現を目指している。人口規模は小さくても世界から尊敬されるまちをデザインするために、教育、ものづくり、観光、芸術など、あらゆる分野で「飛んでるローカル豊岡」な革新的な取り組みを行っている。

ローカル&グローバルな教育

劇作家、豊岡市芸術文化参与 平田オリザ氏

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。