豊かさと持続可能性を両立 化学をコアに社会貢献

印刷インキの製造・販売で創業以来、110年余の歴史を持つDIC。「DIC Vision 2030」を策定し、事業ポートフォリオの変革と脱炭素社会へ向けた取り組みを推進する。DICでは今後も、「Color & Comfort」を進化させ、化学の領域に留まらない価値を社会へ提供していく。

猪野 薫(DIC 代表取締役 社長執行役員)

DICは1908年、印刷インキの製造と販売で創業し、100周年を迎えた2008年に、大日本インキ化学工業から現在の社名に名称を変更した企業だ。インキの基礎素材である有機顔料、合成樹脂をベースに事業を拡大し、印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンド(高機能樹脂材料)で世界トップシェアを持つ化学メーカーとして、60を超える国と地域にグローバルに事業を展開する。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り90%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。