障害者の遠隔就労を可能に Gデザイン大賞の分身ロボットカフェ

2021年度グッドデザイン賞で大賞に輝いた、遠隔就労・来店が可能な「分身ロボットカフェDAWN ver.β」と分身ロボット「OriHime」。この障害者就労支援の社会実装プロジェクトを発意し実現を果たした、オリィ研究所代表取締役CEO吉藤オリィ氏に聞いた。

文・矢島進二(日本デザイン振興会 常務理事)

遠隔就労・来店が可能な「分身ロボットカフェDAWN ver.β」。
ロボットを介した遠隔操作で障害者らが飲食のサーブを行う

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)や脊髄損傷などの重度障害や海外在住など、自分の身体を現場に運び働くことが困難な人が、分身となるロボットを遠隔操作し、接客を行う世界初のカフェで、2021年6月に日本橋に常設店をオープンした。

手のひらに乗る小型ロボット「OriHime」、物を運ぶことができる身長約120cmのロボット「OriHime-D」などのテクノロジーを駆使したプロダクト・UX・サービスデザインと、車椅子だけでなくストレッチャーも通行可能なバリアフリーな空間デザイン、遠隔就労人材紹介サービスなど社会と関わり続けるための仕組みのデザインを、カフェ空間に統合した新しい社会参加のためのプロトタイプデザインと言えるものだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。