2021年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生の実践へ 議会質問のヒント

自治体発展の土台となる「イノベーション」って何だろう?

牧瀬 稔(社会情報大学院大学 特任教授)

0
​ ​ ​

経済学者のシュンペーターが提起した概念とされる「イノベーション」。新事業の開発など、企業経営に用いられる言葉というイメージがあるが、自治体を持続的に発展させるためにもイノベーションは重要だ。この言葉を自治体はどう捉え、何に取り組んでいくべきなのか。

地方自治体を持続的に発展させていく一つのキーワードが「イノベーション」(新機軸・新結合)である。自治体の政策創出においてもイノベーションが求められる。今回は議会におけるイノベーションの動向に言及する。

議会質問等における
「イノベーション」の動向

図表1は「全国47都道府県議会議事録横断検索」を活用した「イノベーション」に関する議会質問等の推移である。議会からの質問と執行機関の答弁が含まれている。近年、筆者は地方自治の現場ではイノベーションという言葉をよく耳にしていた。そのため以前から活発に使用されていると考えていた。しかし図表1を確認すると、イノベーションは近年になり注目された言葉(概念)と理解できる。

図表1 都道府県議会における「イノベーション」の質問等の推移

出典:全国47都道府県議会議事録横断検索

もちろん、1990年以前も登場しているが一桁である。1990年代から2000年代にかけて少しずつ増加はしているが、その動きは弱い。しかし2000年代半ばから急激に増加している。その一つの背景には、人口減少の拡大と、都市間競争(自治体間競争)があると推察される。右肩上がりの時代から、右肩下がりの時代に変化し、イノベーションを起こさないと、都市間競争の中で埋没してしまう可能性がある。そのため「イノベーション」が注目されている。

図表2は各都道府県議会におけるイノベーションの質問等の回数である。都道府県により差がみられる。以下では、イノベーションに関する議会質問等を例示する。

図表2 都道府県議会における「イノベーション」の質問等回数

出典:全国47都道府県議会議事録横断検索

 

残り66%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中