突然の心停止から救命 アプリや心肺蘇生訓練の「新しい仕組み」

突然の心停止は、近くにいる人が迅速に応急処置をしなければ、命を救うことが難しい。その課題に対応するため、Coaidoの玄正慎CEOは、周囲にSOSを発信できるアプリを開発。さらに、ペットボトルを使った心肺蘇生のトレーニングを編み出すなど、独自の挑戦を続けている。

玄正 慎(Coaido 代表取締役CEO 一般社団法人ファストエイド 代表理事)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。