数字で見る中小企業 後継者難・廃業増でGDP22兆円喪失の恐れ

日本では、全事業者数の99.7%が中小企業と言われる。2025年、70歳以上となる中小企業経営者は、245万人にのぼると予測され、その半数が後継者未定。数多くの中小企業が後継者難で廃業、もしくはトップが入れ替わる時代が近づいている。

中小企業経営者の高齢化が深刻に

地域経済を支える中小企業では、経営者の高齢化と後継者不足が深刻な状況。

中小企業・小規模事業者の経営者の2025年における年齢

出典:2016年度総務省「個人企業経済調査」、2016年度帝国データバンクの企業概要ファイルから経済産業省推計

 


全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。