26歳社長が率いる「IT時代の三河屋」生鮮食品宅配で急成長

生鮮食品デリバリーサービスの「VEGERY」は、東京都心ならば最短1時間で配送。その利便性と美味しさで売上が急成長中だ。サービスを手掛ける企業を率いるのは、若干26歳の経営者だ。

日本初の生鮮食品デリバリーサービスとして2017年1月にローンチされた「VEGERY(ベジリー)」。取り扱うのは主に九州で作られたオーガニック野菜で、東京都心であれば注文から最短1時間で玄関先に野菜や肉が届けられる。農家から直接野菜を仕入れ、配送も自社スタッフで行うビジネスモデルで、新鮮な野菜を安価に販売することを可能にした。

宮崎発のベジオベジコは「農家をハッピーに」というビジョンのもと、生鮮食品デリバリーと八百屋経営、農業法人という3つの事業を展開。業績を成長させている

忙しい女性たちにサービスは支持され、月間売上高は1年で15倍以上に拡大。大手流通が続々と生鮮食品デリバリーサービスに参入し競争が激化する中でも、成長を続けている。

このサービスを手掛けるのは、宮崎県に本社を置くベジオベジコ。代表取締役の平林聡一朗氏はわずか26歳。地域発のアグリテックスタートアップとして注目を集めている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。