大企業はなぜ新規事業が生まれない? アイデアよりも重要なこと

いま、日本の大企業はさまざまな取り組みでイノベーションを起こそうとしている。しかし、日本企業独特の文化や体制がイノベーションの妨げになっているとも言われる。ゼロワンブースターの鈴木代表が語る、日本企業の課題と対策とは。

取材・ 0→1 Booster Conference

 

日本の大企業の中には実は多くのアイデアが眠っているが、事業化はされにくい(写真はイメージ)

日本企業が、世界を驚かせるような、あるいは社会を変えるような事業を生み出していたのは、いつの頃だろうか。いま、大企業は変化の激しい市場のなかで存在感を示そうと四苦八苦している。新規事業開発、特にベンチャーと大企業のオープンイノベーションの重要性は広く認識されるようになった。しかし、成果を出している企業はほんの一握りだろう。

鈴木 規文(ゼロワンブースター代表)

ツール導入だけでは
新規事業は生まれない

主に大企業の事業開発やオープンイノベーションの支援、コーポレート・アクセラレーターなどを手掛けるゼロワンブースターの鈴木規文代表取締役は、日本の大企業から新規事業が生まれにくい理由を、次のように説明する。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。