移住の町、神山は第2フェーズに 移住者が続々と新ビジネス創出

徳島県の「神山」は若者移住、サテライトオフィス誘致などの成功により地域創生の筆頭として有名だ。今、神山では移住者が次々と新しい挑戦を始めている。大阪から移住したクリエイターの廣瀬圭治さんはその代表格だ。

文・矢島進二 日本デザイン振興会 text by Shinji Yajima

 

廣瀬圭治 キネトスコープ代表

廣瀬圭治さんは1972年岐阜で生まれ、兵庫や大阪で多感期を過ごす。クラブカルチャーに浸り、フライヤーの製作でグラフィックデザインを、VJで映像のスキルを会得した後、大学のインハウスデザイナーとなり、学内のデザイン統合などに従事。その後、ウェブ制作会社で独立。最初の屋号は「シズク」で、2年後に現在のキネトスコープに変更。現在はブランディングや街づくりのコンサルティングなどに業務範囲を広げている。

神山杉を使って多数の商品を開発。透明感と暖かみを感じる木目が印象的な「鶴シリーズ」

当たり前の豊かさを求め

2012年に東京ミッドタウン・デザインハブで開催されたイベントで、廣瀬さんは神山にサテライトを持つIT企業代表と知り合い、神山の名を初めて耳にして興味を抱き、翌月すぐに現地を訪問。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。