地震のブルーシートをバッグに再生 ネガをポジに転換する発想術

2016年4月、熊本県と大分県を襲った熊本地震。損壊した屋根を覆うブルーシートの光景は、被災地の人々の心までブルーにした。今、そのブルーシートを再生したトートバッグが人気を集めている。ネガティブをポジティブに変える、地元クリエイターたちの挑戦とは。

佐藤 かつあき(デザイナー、BRIDGE KUMAMOTO代表理事)

熊本地震で発生したブルーシートをトートバッグに再生した「ブルーシードバッグ」

ネガティブをポジティブに

熊本地震によって発生した大量のブルーシートをトートバッグとして蘇らせる「ブルーシードバッグ」プロジェクトが注目を集めている。

プロジェクトを立ち上げたのは一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO。震災後の2016年5月、"クリエイティブの力で未来を創造する"をコンセプトに、熊本で活躍する3人のクリエイターが設立した。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。