「被るだけ」で垣根を取り払う 青森発の馬頭オブジェ、ウマジン

青森県十和田市発のコミュニケーションツール「ウマジン」。ただ被るだけで笑顔になり、人と人の垣根が取り払われてしまう。ウマジンの生みの親、安斉将氏は「ウマジンの目指すところは世界平和」と語る。

安斉将 イラストレーター、安斉研究所代表

街なかに突然現れた、馬頭型オブジェを被った集団。何も語らず派手な動きもしない、ただいるだけなのに彼らの登場で見慣れた景色が白昼夢のように塗り替えられる。人々はスマートフォンを掲げ写真を撮り始める。「ウマジンだ」という囁きとともに――。

2012年に青森県十和田市で生まれた「ウマジン」。秋祭りの企画だったが、その後もイベントやワークショップなど年々活躍の場を広げている

十和田から元気を、ウマジン誕生

ウマジンとは、プラスチック製や紙製の段ボールで作った馬頭型のオブジェ。高さは84cm、組立や解体、カスタマイズが簡単で、主に人が被って使う。デザインしたのは青森県十和田市在住のイラストレーター、安斉将氏だ。

青森県十和田市は近年アートによるまちづくりが進められ、2008年の十和田市現代美術館の完成以降、アートサイトとしての知名度を上げてきた。美術館が面する通り沿いには草間彌生をはじめとした現代アーティストの作品が並び、周辺商店街と連携してさまざまな企画・イベントが催されるなど街全体で盛り上がりを見せている。

東京で雑誌や広告のイラストレーターとして活躍していた安斉氏が、十和田市へ移り住んだのは2010年のこと。妻の故郷であり、市がアートのまちづくりを推進していたことが移住の決め手となった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。