あの経営者も20代で起業 若くして名を成した10人

著名な起業家の多くが、20代で起業。特にアメリカでは、大学を休学・退学して、自身のビジネスを立ち上げることが、当たり前のように行われている。日本でも2000年代以降、20代で上場する起業家は増えてきている。

マイクロソフト

ビル・ゲイツ

【出身大学】ハーバード大学(中退)
【起業した年齢】19歳

ビル・ゲイツは、10代の頃からデジタル技術に関心を持ち、情報システムの設計を手掛けていた。そして、パソコン黎明期の1975 年、共同創業者のポール・アレンとともに、BASICインタプリタを手掛ける企業として、マイクロソフトを設立。

ハーバード大学を休学しての起業だったが、結局、中退。後にマイクロソフトCEOとなるスティーブ・バルマーとは、ハーバード大学で出会っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。