「おむすび」がむすぶ地域の絆 官民連携、前橋の「今」を伝える

「日本一、懐かしい遊園地」とも言われる前橋の「るなぱあく」を拠点に、地域活性のプロジェクトが進む。園内の未活用空間にコンテナハウスを整備、地元食材にこだわった「おむすび」などの飲食事業を立ち上げ、地域の魅力を発信している。
文・中村慶之介 オリエンタルコンサルタンツ 地域活性化推進部 担当次長 / オリエンタル群馬 取締役 / 2015年事業構想大学院大学修了(事業構想修士)

 

前橋市中央児童遊園「るなぱあく」の園内に、「おむすびのマム」をオープン。同店は、市内の店舗や生産者が連携して取り組む「6次化カフェ」だ

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り91%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。