2015年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 長野県

成熟市場で48期連続成長 寒天トップメーカーの「年輪経営」

塚越 寛(伊那食品工業 代表取締役会長)

0
​ ​ ​

寒天で国内シェア8割を占める、伊那食品工業(長野県伊那市)は、成熟市場にも関わらず、48期連続で増収増益を成し遂げた。塚越寛会長の経営哲学から、永続企業の条件を探る。
文・坂本洋介 アタックス 社長塾推進室

 

成長の数値目標を掲げない伊那食品工業。社是である「いい会社をつくりましょう」とは、社員や社会への問いかけでもある

1977年、業界新聞にある広告が掲載された。そこには大きく「寒天はもう相場商品ではありません...」と書かれていた。

もともと、寒天は冬の限られた時間の中で、農家の副業として生産されてきた製品で、天候次第で生産量が激しく増減する典型的な相場商品であった。また「寒天は『和菓子の原料となる乾物』という消費財に過ぎない」という、食品業界の既成概念が根強くあった。

そんな相場商品であり、その用途も限られていた寒天を産業財にまで育て上げたのが、1958年に設立された伊那食品工業の塚越寛氏である。

塚越 寛 伊那食品工業 代表取締役会長

21歳で社長代行に就任「脱相場商品」を目指す

塚越氏は、この会社の創業者ではないが、実質創業者といってもよい。1937年、長野県駒ケ根市に生まれた塚越氏は17歳のときに、当時は死の病と言われていた肺結核を患い、治療に専念するため、高校を中退し、3年間の入院生活を余儀なくされた。

病は完治したものの、3年間病で伏していた高校中退の人材を必要とする企業はなかった。そんな中で、ようやく地元の製材会社(伊那食品工業の親会社「赤穂工業」)に就職することができた。就職した製材会社には、いくつかの関連会社があり、その中の伊那食品工業に21歳の時に派遣された。

残り75%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる