「胸キュン」するか、しないか

大学在学中に「記念日サプライズ」事業で起業

「日本の文化にサプライズを」―。そんな目標を掲げて、大学在学中の22歳で起業。リムジンでの送迎など様々な演出プランでこれまで3000人にサプライズを届けてきた。

誕生日やプロポーズなど、主にカップルを対象とした記念日のサプライズ演出を手掛けるアニバーサリープランニング。同社の代表取締役が、若干28歳の田中彩子さんだ。

起業のきっかけは、友人との会話だった。東京家政大学3年生の秋頃、ふと友人に「記念日って英語でなんて言うの?」と尋ねた時に、「アニバーサリーだよ」という返答を聞いて、「アニバーサリープランニング」という言葉と事業が閃いたのだ。

ここからの行動が速かった。

数ヵ月後の冬、学生のビジネスプランコンテストに応募。優勝して賞金100万円を獲得すると、それを元手に4月には友人と2人で会社を立ち上げた。いわゆる普通の女子大生だった彼女だが、とんとん拍子で在学中に起業することに不安はなかったのだろうか?

「当時、学生の起業が流行っていて、周りにもたくさん起業している友だちがいたので、あまり不安は感じませんでした。学校の先生も応援してくれて、私達の仕事のために学校のゼミ室を貸してくれたりして、本当に良くしてくれました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り69%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。