東京五輪で躍進 ハンドボール元代表キャプテンの生き方

ヨーロッパではサッカーに次ぐ人気スポーツとして親しまれているハンドボール。日本ではまだメジャーとは言い難いが、東京五輪開催を前に一躍注目を集めた。この躍進に貢献したのが、フォロワー数250万人を超える人気TikToker『レミたん』。元日本代表チームのキャプテン、土井レミイ杏利選手だ。才気煥発な彼が今見ているものに迫る。

文・油井なおみ

 

土井 レミイ 杏利(ハンドボール選手〔元日本代表/日本ハンドボールリーグ〕)

常に先を見据えた行動とたゆまぬ努力こそ強運の秘訣

TikTokのブレイクは予期せぬことだったという。

「僕は本当に運がいいんです」

取材中、土井は何度もそう語る。

「仲のいい友人たちに『お前がやったら楽しそうだから』と懇願され、彼らを笑わせるためだけに始めたんです」

身体能力が高く、ダンスや手品も得意でユーモアのセンスも高い土井の動画は、次第に友達以外にも波及。そしてある1本の動画をきっかけに、フォロワーが3000人に急増した。

このとき、あるアイデアが閃いた。

「フォロワーが増えたからと喜んでハンドボールについて上げるより、10万人を超えたときに『実は…』と告白した方がインパクトが大きいんじゃないか、と。そこで敢えて、ハンドボールのことは載せないようにしたんです」

土井の読みは的中。満を持して正体を発表するや否や、「あのレミたんが日本ハンドボール代表のキャプテンだった」というニュースは瞬く間に広がり、メディアに引っ張りだことなった。

運ばかりではない。一事が万事、常に先を見据え行動している結果なのだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。