テレワークを全庁で推進 DXで新しい働き方を目指す藤沢市

昨年12月に策定された国の「自治体DX推進計画」の中では、テレワークの推進やセキュリティ対策の徹底が重点取り組み事項として挙げられている。コロナ禍以前からテレワークを推進してきた神奈川県藤沢市の取り組みを、IT推進課の大高利夫氏が語った。

大高 利夫(藤沢市 総務部IT推進課 課長補佐)

テレワークとセキュリティ課題

藤沢市では、新型コロナウイルスの感染拡大が始まる前の2019年から、行政のテレワークを試験的に実施していた。そのため、テレワーク環境は構築できており、ウイルスの感染拡大の際も含めて充分な効果があったという。

藤沢市はコロナ禍前からテレワーク導入に取り組んできた(写真はイメージ) Photo byphpetrunina14 /AdobeStock

「昨年4月の緊急事態宣言下では、同時感染を防ぐために交代勤務を実施し、公共交通機関を避けるために、普段は禁止している自転車・バイク通勤も認めました。コロナ禍のなかでの働き方として、テレワークは業務効率化のためというよりはBCP(事業継続計画)の選択肢として充分に機能したと思っています」と藤沢市総務部IT推進課の大高利夫課長補佐は語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。