2020年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方創生の実践へ 議会質問のヒント

行政の人材育成の課題 多くの自治体が国からの押し付けで推進?

牧瀬 稔(社会情報大学院大学 特任教授、関東学院大学 法学部地域創生学科 准教授)

0
​ ​ ​

不確実性が増していく時代において、行政にとっても人材育成は極めて重要となる。しかし、議会質問等を見ると、職員の人材育成に対する関心は自治体間で差があり、自発的ではなく、国からの押し付けで「人材育成基本方針」を策定したにすぎない自治体があることも推察される。

地方分権や地方創生の果実を得るためには、職員の政策力は重要である(もちろん議員の政策力も必須である)。そこで前回は「政策立案」に関して議会での質疑応答を紹介した。趨勢的には右肩上がりで拡大してきた。

職員の政策力を高めるために、自治体は「人材育成基本方針」を用意している。今回は人材育成方針に注目して、議会でのやりとりを紹介する。

議会質問等における
「人材育成方針」の動向

図表1は「全国47都道府県議会議事録横断検索」を活用した「人材育成方針」に関する議会質問等の推移である。議会からの質問と執行機関の答弁が含まれている。

図表1 都道府県議会における「人材育成方針」の質問等の推移

出典:全国47都道府県議会議事録横断検索

 

過去、本連載が取り上げたトピックスは、右肩上がりで拡大する様子が多かった。しかし図表1は起伏が激しい状態が見て取れる。この理由は明快であり、人材育成方針を策定すると、議会からの質問が増える。そして忘れられる。その後改訂されると、また議会からの質問が増える、という繰り返しだからである。

図表2は各都道府県議会における「人材育成基本方針」の質問等の回数である。見て分かる通り、かなり二極化している。職員の人材育成に関心が強い団体と、そうでない団体に分けられる。ただし今回は「人材育成基本方針」というキーワードで抽出している。職員研修等の別のキーワードで検索をかけると別の結果となる。以下では、簡単に政策立案に関する議会質問等を紹介する。

図表2 都道府県議会における「人材育成方針」の質問等回数

出典:全国47都道府県議会議事録横断検索

 

残り65%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中